*

クリアに清算する

特定調停という方法も任意整理と同じように、それぞれ貸し手への借金の支払いを継続することを選択した債務を整理する方法です。

 

他の表現でいうなら裁判所が関与する借金の整理といえます。

 

この手順も任意整理による方法と同じように自己破産手続きとは異なってある部分のみのお金のみをまとめることができるため、他の連帯保証人が関係している契約以外について手続きをしていく場合や住宅ローンを別として検討していく場合などでも適用することが可能になりますし、築き上げてきた財産を放棄する義務がないため、マイカーや戸建て住宅などの自分の資産を所有していて手放してしまいたくない状況であっても有力な選択肢になる債務整理の手続きといえるでしょう。

 

しかしながら、今後の返済に必要な額と可処分所得を比較検討して、妥当な範囲で返済の目処が立つようであればこの方法で方法を選択することは問題ありませんが、破産手続きとは異なって借金そのものがクリアになるというわけではありませんのでお金の総量がだいぶある場合などは、実際的には特定調停の手続きを踏むのは困難であると考えるのが無難でしょう。

 

また、この手順は公の機関が間に入ってくるので司法書士事務所などに見てもらわなくても不利になってしまう心配はないということとか、解決のための諸経費を削減できるという利点は魅力的ですが、債権者それぞれのきびしい催促に自分で応対する必要がある点や、実際の裁判所に数回行く必要があるというような覚えておきたい点もあります。

 

さらには、任意整理による手続きとの比較になりますが調停にて和解が成立しない場合には利息を全部含めた形で振り込んでいくことが求められるということやあとから見れば債権を持つものへ支払っていく合計が任意整理による解決の場合よりも割が合わないことがあるなどの点もあります。

 



コメントする