*

乾燥肌の原因として挙げられるもの

肌がカサカサになる「乾燥肌」の原因には様々なことが挙げられます。

外的な要因として挙げられるのは、空気の乾燥です。

乾燥していると皮膚が持っている水分が空気中に蒸発しやすくなり、カサカサの肌になってしまいます。

冬の時期に乾燥肌になりやすいのは、湿度が低下して空気が乾燥しやすくなるためです。

内的な要因としてまず挙げられるのは、新陳代謝を行う能力の低下です。

新陳代謝が低下した状態では、古い角質が剥がれ落ちずに肌に付着したまま残りやすくなります。

人間は年齢を重ねると新陳代謝を行う能力が低下していくので、どうしても肌が乾燥しやすくなります。

また、生活習慣も乾燥肌と関係があります。

肌の乾燥を防ぐにはバランスの良い食事をとり、十分な睡眠時間を確保し、疲労をためないことが重要です。

特に食事においては、タンパク質、亜鉛、ビタミン、必須脂肪酸などの栄養素を含むものを摂取する事が重要で、どれか一つでも不足すると乾燥肌に結びつきやすくなります。

http://nanamiki.biz/

 



コメントする